浮気調査のお問合せはこちら
TEL:0120-552-442
TEL:022-375-2115
秘密厳守・見積無料

浮気調査HOME > 夫の浮気

夫の浮気

夫の浮気

夫の浮気、旦那の浮気の場合、浮気相手は ・会社の同僚、部下
・取引先の社員
・出会い系サイトの相手
・飲み屋の従業員
等が多いようです。このページでは、夫の浮気、夫の浮気調査についてご説明していきます。

男性の浮気には、単なる遊びの軽い気持ちの浮気もありますが、このホームページをご覧になっているということは、比較的深刻な浮気の状況なのかもしれません。また、「ちょっと気になる事がある」という程度の方もいらっしゃると思いますが、いずれの場合も、「浮気をやめてほしい」という気持ちには変わらないと思います。

「まさか自分の旦那が浮気するとは思わなかった」という方もいますし、「これまで何度も浮気されて、我慢の限界だ」という方もいます。「とにかく相手の女が許せない」という方も多いです。いずれの場合も、「証拠」をつかむことによって、解決への一歩を踏み出すことができます。証拠がないのに問い詰めても、「とぼける」「逆切れ」「無視」などの態度をされるだけで、一向に話し合いが進みません。

夫の浮気の主なパターン

残業や飲み会等の理由で帰りが遅くなる

残業や飲み会などの理由で、仕事帰りに相手と接触するパターンです。残業や飲み会自体がウソだったり、残業や飲み会の帰りに相手と接触することもあります。ホテルに行ったり、相手の家に行ったり、車の中で密会したりします。

土日などの休日に外出する

土日などの休日に行き先を言わずに外出したり、「休日出勤だ」などとウソを言って出かけることもあります。

会社に行くふりをして休暇を取って密会する

仕事に行くふりをして、実際はこっそり有給休暇を使ったり、会社を早退したりして相手と会います。なかなか見破るのが難しくなるパターンです。

家に帰ってこなくなり、相手女性の家に住む

このパターンも少なくありません。相手の家がわかっていれば比較的簡単に証拠撮影ができますが、わからない場合は相手女性の家を突き止めて>浮気の証拠撮影をします。また、相手の家に転がり込むのではなく、「別居したい」などと言って自分でアパートを借りることもあります。しかしアパートを借りたとしてもこれはダミーで、実際は相手女性の家に入り浸っていて、自分のアパートにはさっぱり帰ってこない、などという事もよくあります。

風俗通い

これは厳密にいうと浮気ではないのではないか?と思う方もいるかもしれませんが、ケースバイケースです。浮気とは認められなかった場合でも、妻側が「精神的に苦痛で婚姻関係を継続することが出来ない」と主張すれば、相手の非が認められることも多いです。


以上、大まかな浮気のパターンについての説明です。東北総合調査相談室では、上記のどのようなパターンにおいても対応が可能です。まずはみなさんの状況をお話し下さい。これまでの実績から最適な方法をご提案させていただきます。



浮気調査のお問合せはこちら

icon電話番号@
0120-552-442
icon電話番号A
022-375-2115
お気軽にご相談下さい。
→メールでのお問合せ


ページトップに戻る