仙台の探偵事務所

浮気調査のお問合せはこちら
TEL:0120-552-442
TEL:022-375-2115
秘密厳守・見積無料

HOME > 浮気調査コラム >浮気調査を依頼する時の注意点

浮気調査依頼時の注意

浮気調査の依頼をする前や、浮気調査を依頼する時、浮気調査中に気をつけておいていただきたいことが何点かありますので、ここに整理してご説明します。そう難しい事ではありませんが、ちょっと気を付けていただくことで、調査がスムーズに進みます。

無理に夫や妻のスマホを見ようとしない

スマホを見ない

少しでも情報がほしくて、旦那さんが寝た後にスマホをこっそり覗き見しようとする方は多いです。 スマホを見ることによって、相手の情報が分かったり、次回のデートがいつなのかが分かったりすることも少なくありません。 ただ、バレてしまっては意味がありません。余計に警戒して、ますます尻尾がつかみづらくなっていくだけです。完全に油断していて、スマホをリビングにほったらかしにしている場合など以外は、無理しないでください。

探偵使って調べてやる!!などと言わない

言わない

浮気を問い詰めたときに「証拠でもあるのか」などと逆ギレされると、悔しさのあまり、こういう事を言ってしまう方がいます。どんどん警戒心が強くなっていくだけですので、言わないほうがいいです。「まさかホントに探偵頼んだのかな?」と思われてしまうと警戒するようになります。警戒心が強くなればなるほど、調査はやりづらくなります。

相手の家の周りや調査現場をうろつかない

行かない

「浮気相手に一言文句言ってやりたい「直接相手の顔を見てみたい」「浮気現場を押さえたい」という気持ちが強すぎて、実際に行動に移してしまう方もたまにいます。自分で情報を集めようとして張り込んでることが気づかれている場合も多いです。


以上、「こんなことするわけない」「私は大丈夫」とお思いになるかもしれませんが、思わず無意識に態度に出てしまったりする方は多いです。 お気持ちは分かりますが、そこをグッと我慢して、相手を油断させたほうが、尻尾を出しやすいですし、証拠能力の高い映像が撮れます。 たとえば、腕を組んで歩いたり、路上でキスをしたりなどの写真を撮りたいのに、警戒して外では会わなくなったり、離れて歩いたりするようになってしまいます。


浮気調査のお問合せはこちら

icon電話番号@
0120-552-442
icon電話番号A
022-375-2115
お気軽にご相談下さい。
→メールでのお問合せ


ページトップに戻る