仙台の探偵事務所

浮気調査のお問合せはこちら
TEL:0120-552-442
TEL:022-375-2115
秘密厳守・見積無料

HOME > 浮気調査コラム >コロナウイルス感染症が蔓延しても浮気が減らない理由。

コロナウイルス感染症が蔓延しても浮気が減らない理由。

新型コロナウイルスが日本でもじわじわと広がってきています。先週あたりから、外出自粛をする人も増えてきていると思います。ついこないだまでトイレットペーパーが品薄だった程度で騒いでいたのが懐かしく思えるほどです。

新型コロナウィルス問題

飲食店だけでなく、パチンコ店でも営業自粛する店舗が出てきました。この状況がいつまで続くのか、心配になってきている方も多いと思います。

さて、こういう状況になってくると、浮気をする人も減るんじゃないだろうか?と思われるかもしれませんが、そうとも限りません。

キャバクラや風俗店などへ行くことは減ると思いますが、「本気」の浮気は減りません。

出張先で浮気相手と会ったりしている場合は、出張がなくなることにより、浮気相手と会う回数は減ると思いますし、浮気相手と旅行に出かけたりすことも減ると思いますが、浮気相手と会う回数は減りません。逆に浮気相手を心配するあまり、会う頻度が増えることもあります。

マスクをして浮気

東日本大震災の時も、自分の家を心配するより、浮気相手を心配して会いに行くケースが少なくありませんでした。

探偵に浮気調査を依頼するほどの深刻な浮気は、「本気の浮気」であることも多く、実際に現在お受けしている浮気調査でも、ほとんどのケースで結果が出ています。

4月19日追記:全国で緊急事態宣言が発令されましたが、浮気相手の家に行く、車の中で密会する、ラブホテルに行く、等の行動については以前と変わらないようです。在宅勤務なのに「仕事に行く」とウソをついて浮気相手に会いに行くこともあるようです。ただ、それ以外の旅行や飲みに行くなどの行動は自粛傾向が進むと思いますので、焦って依頼せずに、少し様子を見たほうがいいかもしれません。まずは状況を教えてください。最適な方法をアドバイスさせていただきます。

5月11日追記:仙台で休業要請が解除されました。GW中は旅行や遠出などの浮気は減りましたが相手の家に行ったりラブホテルに行ったりなどの浮気は減りませんでした。また、ずっと自宅にいることで、不審な相手とLINEなどで連絡を取っていることがバレてしまった例も多いです。今後は近日中の緊急事態宣言の解除も予想されますので、さらに通常に近い行動に近づいていくものと思われます。自粛疲れの傾向も出始めています。

5月25日追記:全国の緊急事態宣言が解除されました。コロナ騒動で出かけにくかった調査対象者も外出しやすい状況になってきました。


浮気調査のお問合せはこちら

icon電話番号@
0120-552-442
icon電話番号A
022-375-2115
お気軽にご相談下さい。
→メールでのお問合せ


ページトップに戻る