お問合せはこちらまで
TEL:0120-552-442
秘密厳守・見積無料

HOME > 自分で集める浮気の証拠

自分で集める浮気の証拠

自分で浮気調査

自分で尾行や張り込みをして浮気現場の撮影をする、というのは、皆さんにはなかなか難しいと思います。技術的な問題、時間の問題(仕事や家事があるため張り込みなどをする時間が取れない)があります。また、すぐに気付かれてしまう可能性が非常に高いです。

我々は調査対象者に顔を知られていないので、近くに接近して撮影することができますが、顔見知りであればすぐに気付かれてしまう可能性が非常に高いです。友人等に車を借りて張り込んだりするかたもいますが、決定的瞬間の撮影をするのは難しいと思います。実際、ほとんどの依頼者様が自分で尾行しようとして失敗(バレる)し、そのことでますます警戒度が増してしまい、調査がやりにくくなってしまっています。


浮気調査は状況証拠の積み重ねが効果的ですが、以下のような証拠は我々がやるのは難しく、皆さんが行うことのできる証拠集めだと思います。我々が撮影した浮気の証拠と組み合わせることで、より価値の高い、言い逃れのできない証拠になります。ただし見つかってしまっては元も子もないので、無理に集める必要はありません。

メールやLINEの証拠

LINEの証拠

相手が寝ているすきにスマホの中身をこっそりチェック出来る場合、メール、ライン、手紙などで「好きだ」「愛してる」「今日会える?」「明日〇時に待ってるね」等、浮気をしていると思われる内容のメールが見つかった場合は、画面を撮影して保存しておくことをおすすめいたします。 次回のデート予定日が書いてある事もあります。ただし、見つからない確信があるとき以外は無理しないでください。全くスマホの情報がない場合でも浮気調査は可能です。

領収書などの証拠

領収書

財布の中やゴミ箱に捨ててあるレシートが入手できる場合は、保管しておくことが望ましいです。飲食店のレシートや、ラブホテルのレシート、観光地のレシート、1人で出張に行ったはずなのに、温泉旅館に二人で宿泊した領収書、高速道路のレシート、コンビニのレシート、ガソリンスタンドのレシートなどがあります。 この場合もメールの証拠同様に、無理は禁物です。


携帯電話の通話履歴

通話明細

通話をしているだけでは、浮気の証拠にはなりませんが、なかには「そんな人知らない」などと嘘をつかれる事もあります。知らない人と頻繁に電話していたらおかしいですよね?後で追及するときに役立つことがあるので、可能な場合は入手しておいてください。



不貞の証拠ページ

お問い合わせはこちら

icon電話番号@0120-552-442
icon電話番号A022-375-2115
お気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る